たろきBLOG

タロウとロッキーの2人が運営しているブログです! 役立つ情報から、くだらない情報まで幅広く発信しているツッコミどころ満載の雑記ブログです。

たろきBLOG

営業スキルをパワーアップさせたい営業マン必見!誰でも真似出来る3つのポイント!私はこれでNO.1になりました!

今年で勤続11年目の自称スーパー営業マンのタロウです。


一昨年と去年に2年連続で、新規獲得件数NO.1になりました。なんか、外資系保険のCMみたい(笑)


1件でも多くの新規顧客を獲得したい人は、僕がNO.1になれた3つのポイントをご紹介しますので最後までお付き合いください!
f:id:highdada:20171204214231j:image

営業マンは嘘をつくな!

新規顧客を獲得するうえで大事なことは、まずは既存のお客様から絶大な信頼を得るところからです。


信頼を得るためには、嘘をつかないことが一番です。

 

どんなに小さな嘘であっても、万が一バレたときは不信感しか生み出しません。
百害あって一利なしです。

 

例えば、お客様から着信があった時、本当はすぐに出れるのに今はちょっとめんどくさいから出るのやめようと着信を無視したりするのも、相手にはわかりませんが小さな嘘です。

 

世の中には相手のためにつく良い嘘もあるかもしれませんが、ビジネスにおいてついて良い嘘はないと思います。

 

嘘をつかないというのは、言い換えると誠実に対応するということです。

 

お客様の求めることに対して、できるできないではなく自分なりに誠実に対応することが重要です。

 

誠実な対応は次のケースでも重要となります。

無理難題だと感じても即断即決するな!

営業をしていると中には、無茶苦茶なご要望をいうお客様もいらっしゃいます。

無茶苦茶なご要望とは、物理的に不可能と思える短納期の要求や、なんの根拠もない値下げ要求など色んなケースがあると思います。

そんな自分では対処できないと感じる時は、その場で無理ですとは言ってはいけません。

 

あなたが経営者でない限り即断即決はNGです。


たとえ難しくても1度検討してみますといって、持ち帰りましょう。

僕は、持ち帰っても絶対に無理だなと思う時は、良いお返事ができるかはわかりませんが社に持ち帰りすぐにお返事します。とお伝えします。

 

ここでのポイントは、お客様に過度な期待は持たせないことと、弊社がダメでももしかしたら他社では対応できる可能性もあるので、お客様の時間を少しでもロスさせないように迅速に返答することが大事です。

 

そして社に持ち帰り、上司に相談したり関係各所に問い合わせて、問題なくことが運ぶならお客様に大変喜んでいただけるでしょうし、やっぱり無理だった時には、社内で検討いたしましたがどうしても無理でしたと正直に伝えましょう


例え無理でもアタックしたか、してないかは大きな差になります。

 

ガンガン見返りを求める

人に優しくしても見返りや金銭を求めてはダメだと親から教わりました。その通りです。自分の子どもにもそうやって教えています。


しかし、仕事ではそういうわけにはいきません!慈善事業ではないので、利益を追求するのが正常です。


さきほどのような無理難題などを言われた時は特に絶好のチャンスです。


「一生懸命やりますので、是非とも他のお仕事もご注文ください」というのが大切です。

 

貪欲な姿勢は決して悪いことではありません!

 

そして、お客様の要望に見事にこたえることができたら、いよいよ新規獲得の準備は整います。

お客様との信頼関係も築けたと確信を持ったら、はっきりとこつ伝えます。


「僕に是非お客様をご紹介してください!」


ここにいたるまでに、十分にお客様の役に立つことができていればご紹介していただける確率はかなり高いです。

  • いい人であれば、他の人に紹介したい。
  • 相手の利益になるようないい人を紹介してくれたと喜ばれる。
  • いつも頑張ってくれるからと、ご褒美の意味も込めて紹介してもらえる。

紹介してもらえたら、紹介者の顔に泥を塗るわけにはいかないので、より一層頑張ってください。

 

そして、頑張った結果またご紹介いただけるというループに突入します。

 

このループは自分の頑張り次第では半永久的に継続させれます。

お客様にも取引先や協力業者などいろいろとお付き合いがあるなかで、絶対にご紹介いただけるところがあるはずです。

 

最後に一言

僕はこうして、2年連続新規獲得NO.1になりました。
仕事において見返りを求めることは決して悪いことでないことを知ってください。
そして、見返りを求めるのであればそれ相応の努力をしてください。
今日もどこかで新規取引先を獲得するため奔走している営業マンの参考になれば幸いです。