たろきBLOG

タロウとロッキーの2人が運営しているブログです! 役立つ情報から、くだらない情報まで幅広く発信しているツッコミどころ満載の雑記ブログです。

たろきBLOG

犬のしつけ方。人間の社会に適応させる方法。

犬のしつけはしっかりしていますか?

犬と人間が、住みやすい環境にするためには、しつけは飼い主としてしなければなりません。

 

読んでない方はまずはこれをオススメします。

www.tarokiblog.com

 

今回は、3つのしつけの仕方を覚えてもらいます。

自分が正しくしつけが出来ているか確認して下さい。

 f:id:taroki:20171211211721j:image

 

しっかり褒める

犬を正しく褒めることが大切です。

褒める時は、タイミングがとても重要になってきます。

飼い主の指示に従った時や、大人しく座っている時などは、ちゃんと褒めましょう。

 

声に出して褒める方法

がんばったね」、「いいコ」など声をかけてあげましょう。

犬の顔をしっかりと見て、少し大きな声で褒めてあげると効果的です

 

 なでる方法

首筋や背中などをなでて、褒めましょう。

オーバーな触り方をしすぎると、犬が興奮することがあるため、適度になでましょう。

 

ごほうびを与える方法

犬も人間と同じで、ごほうびは嬉しい。

いい事をした直後に、ごほうびをあげましょう。

お気に入りのおやつが最適です

 

この3種類をしっかり使って褒めることが大切です。

褒めながらごほうびをあげたり、褒めてなでたり、色々使い分けて犬の気持ちになって褒めてあげて下さい。

 

犬の叱り方 

最初の頃は、全然言うことは聞きません。

それで、飼い主がイライラすることが、たくさんあると思います。

よく見られる叱り方が、悪い事をしたあとの頭や体をはたく行為。

絶対やめて下さい!

自分が、そんなつもりはないのに、いきなり殴られたらどんな気持ちですか?

犬の気持ちになって下さい。

悪いことをした場合は、「ノー」と強く言うだけです。

その時に、威圧するように犬を見ながら声をかけてください。

それでもダメな時は、犬の顔の前で両手でパン!と叩きましょう。

そうすることで犬が悪い事を行動をしたと認識するようになります。

その後に、犬にフセを命じて、フセをしたら褒めてあげます。

叱った後は、しっかり褒める

そうする事で、悪いことをしなくなります。

 

犬の要求には

犬もやっぱり、じゃれたい時や、散歩に行きたい時などがあり、飼い主に要求してきます。

要求を聞きすぎると、吠えたり、噛んだり、物を壊したりして、言う事を聞かなくなります。

犬が要求している時や、かまって欲しい時は無視をするのが効果的です。

その時は、徹底して無視をすることが重要です。

一切犬の顔を見てはいけません。犬に背中を見せるようにして、振り向かないようにしましょう。

その時は一言も発してはいけません。

そうすることで、犬も要求してこなくなります。

 

まとめ

あなたは、できていましたか?

愛犬を人間の社会に順応させることは、簡単ではありません。

しかし、飼い主は、自分や他人に迷惑を掛けないように、しつけをしなければなりません。

犬を飼うなら最低限の、マナーは守りましょう。