たろきBLOG

タロウとロッキーの2人が運営しているブログです! 役立つ情報から、くだらない情報まで幅広く発信しているツッコミどころ満載の雑記ブログです。

たろきBLOG

犬がいい子に育つ。環境の大切さ。

犬を飼い始めたら、暴れん坊で困ったことはありませんか?

しつけも大切ですが、環境もとても重要です。

今回は犬を飼うための環境についてです。

 f:id:taroki:20171212222324j:image

環境を整える道具

  • サークル   犬専用スペース
  • 寝床     サークルの半分で納まるもの
  • 食器     食事用と水飲み用の2つ
  • トイレシーツ 
  • ブラシ    犬種によって選んで下さい

 

サークルの中に、寝床、食器、トイレシーツをを入れ、犬専用ハウスを作って下さい。

サークルは2つは欲しいです。

1つ目は生活空間、2つ目は遊べるスペースです。

十分な広さがあれば、犬はストレスがかかりません。

スペースには、おもちゃを入れて置きましょう。

そうすることで、自分たちがお出掛けしやすくなります。

 

注意 サークル1つの方

サークルが1つしかない人は、狭いですが、寝床、食器、トイレシーツは入れましょう。

狭いので、なるべくストレスが、かからないようにサークルの外に出したり、散歩に行きましょう。

 

サークル、犬小屋の場所

犬小屋

夏は日除けをつくり、冬は日当たりのいい場所に犬小屋をセッティング。もしくは移動させる。

 

サークル

出入りの多いところは避け、家族の目が行き届く場所にセッティング。リビングがオススメ。

直射日光やエアコンの風があたらない場所にして下さい。

 

イタズラをさせない

犬はイタズラをします。イスを噛んだり、ゴミを食べたり。

そうさせない為に、自分たちがその環境を作らなくてはいけません

そこで、室内のチェックをした方がいいと思います。

室内チェック

家具

テレビ台の上や、飾り棚に置いてある小物。犬が届く高さに置いてあると、口に入れたり、遊んで壊したりします。

 

コンセントやコード

犬はなんでも、口にいれたがります。その時に、コンセントを噛んで感電する危険があります。

コンセントやコードに、カバーをつけることオススメします。

 

ゴミ箱

ゴミ箱をひっくり返して、かじります。犬に害があるものは、入らないようにして下さい。

ボタンを押すと、開くゴミ箱がオススメです。

 

テーブルの上

家具と同じで、小物は注意。

子犬は、灰皿の中にあるタバコも食べることがあるので、届かない場所に置きましょう。

 

物はあまり置かないほうがいいです。

かじられたり、ひっくり返されたりして困る物は、置かないようにして下さい。

 

入って欲しくない場所には柵を設置

お風呂や、キッチン、犬に入ってほしくない部屋には柵を設置して下さい。

特にキッチンは、食材を食べたり、包丁があり危険なので、柵は必ず設置が必要です。

 

最後に

犬を飼うための環境はできていましたか?

犬もストレスがなく生活がしたいはずです。

家族の一員として、しっかりとした環境にしましょう。