たろきBLOG

タロウとロッキーの2人が運営しているブログです! 役立つ情報から、くだらない情報まで幅広く発信しているツッコミどころ満載の雑記ブログです。

たろきBLOG

子犬を初めて飼うための準備

 初めての子犬を飼う時ってすごく嬉しいですよね 。

けどその反面、不安もでてきます。

しかし、それは犬も同じ気持ちです。

新しい家族(愛犬)がきても不安にさせないように、あなたと子犬の迎える準備をしっかりしましょう。

犬を飼う前にこちらの記事を読むことをオススメします。

www.tarokiblog.com

 f:id:taroki:20171223210754j:image

 

 

必要な準備

まずは子犬が生活できるように、最低限の道具を揃えましょう。

  • サークル   トイレや食事寝床など犬専用スペース
  • リード・首輪 犬の大きさに合ったものを選びましょう
  • 食器     食事用と水飲み用の2つ
  • ドッグフード 大人用ではなく子犬用を選んであげましょう
  • ベッド    サークルの半分のサイズが適切
  • ブラシ    犬種によって買いましょう
  • キャリーケース 小型犬の動物病院や外出時の時につかいましょう
  • トイレシーツ

子犬のスペース、トイレ

子犬のスペースは、日当たりのいいリビングルームが適切です。

子犬を買ったり、譲ってもらった場合は、売り手から子犬の匂いがついたタオルや敷物などを貰い、サークルやベッドに置いて下さい。そうすることで、子犬も不安がすこし解消されます。

 

 

子犬を迎え入れる日

子犬は初めて知らない所へ来るので不安でストレスが溜まります。

特に夜になり辺りが暗くなると子犬は、不安がより強くなります。

子犬を連れてくる時間は、なるべく午前中にすることをオススメします。

その日には、なるべく家族そろって子犬を家へ迎えてあげましょう

 

触りすぎは注意

楽しみにしていた子犬が来て、嬉しくてついつい触りすぎてしまします。 

その気持ちはわかりますが、子犬は初めて来た場所でストレスを抱えています。

サークルやベッドでゆっくり休ませてあげてください。

特に子供は子犬をみて興奮状態になり、触ったり、子犬の取り合いになります。しっかと子供に言い聞かせて教育をしましょう

 

食事の時間

食事の時間は、売り手や譲ってもらった人に聞いておき、その時間にあたえましょう。

 

就寝

子犬を連れてきた日から、2~3日は夜泣きをします。

夜泣きをしている子犬をみると、かわいそうで一緒に寝てあげたりしようと思ってしまいます。しかし、そうすることで子犬は自分のベッドで寝なくなります。

子犬も徐々に慣れてくるので我慢しましょう。

こうゆう場合のために、売り手などに母親の匂いがついたタオルなどを貰い、ベッドにいれて不安をなくしてあげましょう。

 

子犬の健康

犬を買う時には、売り手にしっかりと健康状態を確認してください。

健康状態が悪い場合は、売り手としっかりと話し合って下さい。

また、かかりつけの病院は早めに決めて下さい。

最初は、犬の健康について知識不足なので、わからないことは先生にしっかり聞きましょう。

子犬は生後60前後と100日前後に感染症予防の予防接種を受けなければなりません。

犬を買う時、頂く時はしっかりと予防接種を受けたのかを聞きましょう。

生後2~3カ月の間は、基礎体力をしっかりとつけさせる為によく食べて、しっかりと睡眠をとり、よく運動をしましょう

 

まとめ

最初は、いろいろ覚えることがありますが、愛する犬の為に家族全員で協力して飼育をしましょう。

そして家族と愛犬とで一緒に成長しましょう。