たろきBLOG

タロウとロッキーの2人が運営しているブログです! 役立つ情報から、くだらない情報まで幅広く発信しているツッコミどころ満載の雑記ブログです。

たろきBLOG

【プロ野球順位予想2018】セ・リーグの順位を大胆予想!優勝チームはどこだ!

f:id:highdada:20180320222424j:plain

プロ野球のシーズン前は、順位予想も楽しみの一つです!

 

各チームの注目選手や新加入選手、退団選手もチェックしつつ戦力分析をしながら2018シーズンのセ・リーグ順位予想をしていきます。

 

2018シーズンのセ・リーグ順位はこのように予想しました。

 

優勝 広島東洋カープ
2位 読売ジャイアンツ
3位 阪神タイガース
4位 横浜DeNAベイスターズ
5位 東京ヤクルトスワローズ
6位 中日ドラゴンズ

 

 

2018シーズン【セ・リーグ】順位予想!

まずは激闘の2017シーズンの結果を振り返ります。

 

優勝 広島東洋カープ
2位 阪神タイガース
3位 横浜DeNAベイスターズ
4位 読売ジャイアンツ
5位 中日ドラゴンズ
6位 東京ヤクルトスワローズ


ペナントレースはぶっちぎりでカープが優勝しましたね! 

しかし、クライマックスシリーズはDeNAがカープに4勝2敗で勝ち、日本シリーズに進出しました。

クライマックスシリーズの是非は、制度が導入された当初から賛否両論ありますが、僕はルールで決められている以上、DeNAの勝利を心から祝福いたします。

 

チームの打撃力・投手力を5段階評価で☆をつけます。 

それでは、予想していきましょう。

優勝 広島東洋カープ

<打撃>★★★★★

カープは、今年もリリーフ陣が課題だと思いますが、そこをカバーしてあまりある12球団1の打撃力は今年も健在でしょう。そんな中タナ・キク・マルが今年も活躍してくれるかどうかが重要です。

ちなみにタロウはゴリゴリのカープファンです!

<投手>★★★★

リリーフ陣が課題と言いましたが、先発陣がリリーフ陣をいかに温存できるかも重要だと思います。

 

【注目選手】

外野手 51 鈴木誠也 選手

去年は、シーズン途中で怪我により離脱しましたが、今年は不動の4番として活躍できるかどうかです。

しかし、鈴木誠也選手が開幕に間に合わない場合は、松山竜平選手がその穴を埋めるべくの活躍ができるかどうかも注目です。

加入選手
  • レオネル・カンポス
  • 中村奨成(ドラフト1位)
退団選手
  • 梵英心
  • ライアン・ブレイシア
  • ブレイディン・ヘーゲンス
  • ラミロ・ペーニャ
  • 今井啓介(引退)

2位 読売ジャイアンツ

<打撃>★★★★★

昨年中日でホームラン王を獲得したゲレーロ選手の加入により、坂本選手とマギー選手のクリーンナップは他球団の投手には怖い存在となるだろう。

さらに、その後に続く阿部選手、長野選手が控えているため、打線がつながったときは計り知れない脅威であることは間違いない。

<投手>★★★

野投手は今年も勝ち頭だと思うが、マイコラス投手が抜けた穴は非常に痛いと思う。西武から加入した野上投手が穴を埋めることができるかどうか。

 

【注目選手】

捕手 22 小林誠司 選手

リード面は成長が見られるが、打撃は2年連続最下位の成績のため打撃の向上が注目される。

加入選手
退団選手

3位 阪神タイガース

<打撃>★★★★

2017シーズンは鳥谷選手、糸井選手、福留選手以外は、固定されず日替わり打線でしたが、今年は固定されそうなメドもたち、中でもロサリオ選手の加入はかなりの戦力アップとなるでしょう。

<投手>★★★★

リリーフ陣はセーブ王のドリス投手をはじめとしてとても充実しているが、リリーフ陣へとつなぐ先発陣が試合を作れるかどうかが鍵となる。

 

【注目選手】

内野手 20 ロサリオ 選手

メジャー通算71本塁打、韓国リーグで2年連続3割30本塁打100打点以上の成績はすごい!日本野球でも同様の成績を収めることができるかどうか注目です。

加入選手
  • ロサリオ
  • モレノ
  • 山崎憲晴
  • 尾中裕哉
  • 馬場皐輔(ドラフト1位)
退団選手

4位 横浜DeNAベイスターズ

<打撃>★★★

筒香を筆頭に強力クリーンナップは今年も健在。昨年は盗塁、犠打ともにリーグ最低だったので、いかに機動力をアップさせるかが鍵になると思います。

<投手>★★

投手陣は三浦投手のようなチームを引っ張っていける投手が見当たらない。抑えの山崎投手がブレイクしているが、正直投手陣すべてが課題だと思う。

 

【注目選手】

監督 A.ラミレス

去年のDeNAの快進撃は選手はもちろんですが、ラミレス監督の采配によるところが大きかったと思います。ラミレス監督は選手からの信頼も厚く、チームを一つにまとめる力があるので、そこに注目です。

加入選手
退団選手

5位 東京ヤクルトスワローズ

<打撃>★★★

選手一人一人の能力は申し分ないが、昨年は故障に泣かされたシーズンでした。

山田選手の不調や、川端選手、畠山選手、雄平選手の主力選手が復活すれば、青木選手の加入もあり、上位も狙えるかもしれない。4番のバレンティンの活躍も鍵となります。

<投手>

投手陣は崩壊していると言っても過言ではない。チーム最多勝利数が小川投手の8勝。打線に恵まれていなかった感は否めないが、今年打線の復調も期待出来る中で投手陣がどこまで踏ん張れるかが鍵。

 

【注目選手】

外野手 23 青木宣親 選手

MLBより帰国した青木選手の加入で、個人の活躍だけでなく山田選手をはじめとしたチームに与える影響は計り知れない。

加入選手
退団選手

6位 中日ドラゴンズ

<打撃>★★

中日はなんといっても世代交代に失敗した感が否めない。大野選手の加入により正捕手も決まりそうだし、京田選手が台頭していきてはいるが、まだチームが成熟しているとは言えないと思う。今年も上位は厳しいと予想します。来年以降に期待。

<投手>★★

かつては投手王国と言われていた中日も、昨今の投手陣の成績は陰を潜めている。又吉投手は孤軍奮闘しているが、今年は大野投手、吉見投手の復活が期待される。平成の怪物松坂投手の活躍も鍵。

 

【注目選手】

投手 99 松坂大輔 選手

よくも悪くも平成の怪物には否が応でも注目が集まることは間違いないだろう。

加入選手
退団選手

 

2018シーズンに獲得した助っ人外国人選手についての記事も合わせてお読みいただくとチーム予想の参考になると思います。

www.tarokiblog.com

 

まとめ

プロ野球人気が減少しているといわれる昨今ですが、たろきBLOGは微力ながらプロ野球を盛り上げていきたいと思います。

今回は独断と偏見による勝手な予想をしてみました。

みなさんも優勝チーム予想をコメントにお願いします!