たろきBLOG

タロウとロッキーの2人が運営しているブログです! 役立つ情報から、くだらない情報まで幅広く発信しているツッコミどころ満載の雑記ブログです。

たろきBLOG

死ぬまでに一度は言ってみたいセリフを言ったら悲劇が起きた話

愛されるよりも愛したいマジで~♪ことロッキーです。

 

あなたは人生言ってみたいセリフってありませんか?

え?ないって?恥ずかしがらなくても大丈夫です。よく考えてください。

ドラマで聞いたかっこいいセリフ。漫画で感動した言葉。尊敬する人から聞いた言葉。人それぞれあると思います。

今回はロッキーが人生で一度は言ってみたいセリフを言って悲劇が起きた話をします。

 

5年前の寒い冬の日。その日は大雪で軽く見積もっても50cmは積もっていました。その日は友達から紹介された女の子と初めて会う約束をしていました。しかし、その子は他県の女の子で早く帰らなければ時間に間に合わないと思い、仕事が終わると一目散に車で会社を出ました。

 

大雪なので道路はテカテカ。慎重に運転しなくては事故をしてしまう。しかし、心の中ではウッキウキ♪

 

そう思い運転をしていると、いきなり前の車が凍った道路で滑り、対向車線にはみ出し対向車とドッカン!

 

軽い正面衝突・・・

 

ウソだろ。これは助けなくてはならないよね?けど女の子と待ち合わせがあるし・・・

僕の心はもうウキウキじゃなく、ざわざわTIMEに突入していた。

 

しかしそんな気持ちはすぐに吹き飛び、車を止めて車に乗っていた人の安否を確かめに車に行った。滑った車の50台の男性は、すぐに車からでてパニックになってはいたけど、体は大丈夫そうでした。もう一台の車を見に行くと70台のおばあちゃんがうずくまっていた。完全にどこかを痛めたみたいなので救急車を呼び、そのあと警察、そして交通整理をしました。

 

周りは野次馬で誰も手伝ってはくれず雪で体がびしょびしょになっていた。

 

しかし、僕はこの時、なんで手伝ってくれないんだ?とは一切思わず違うことを考えていた。

 

そう・・・とうとう言えるかもしれない。あの言葉をね!

 

警察が30分後ぐらいに来て帰ろうとした時に、車をぶつけた50代の男性がお礼を言ってきた。

 

50代男性:「ありがとうございます。本当に助かりました。もしよかったらお名前を教えてください」

 

キターーー!言うぞ!言ってやるぞ!あの言葉を!

 

ロッキー 「名乗るものじゃありませんよ」

 

きまった!タイミング、声のトーンドヤ顔、すべてがパーフェクトでした。そうパーフェクトヒューマンは僕がパイオニアで、オリラジは僕のパクリと言っては過言ではない。

 

50代男性 「・・・」

 

無言で振り返り立ち去ってしまった。人生で一度は言ってみたかった言葉を発言した後の僕の心は完全にざわざわTIMEに突入していた。

 

そのまま待ち合わせの時間に間に合わせるためにすぐに準備をし、急いで女性のもとに向かいました。しかし心はざわざわしたままでした。

 

予定の時間にギリギリについて、女性が待っている店に着いた。女性が歩いてこちらに向かっていたので、車をバックにいれて駐車場に入れようとした瞬間・・・

 

ドッカン!

 

ロッキー:「ふうぁ」

 

僕の車体は大きく揺れた。急いで車を降りてみてみると、僕の後ろに車があったみたいで完全にボッコリと凹んでいる。

 

もう、ざわざわどころではない。そう、ZAWAZAWA(特に意味はない)

 

女性はポカーンとしていた。

 

僕はひとまず女性に謝り、今日のところは帰ってもらうことにした。

 

しかし、このまま帰すとこれから変な関係になってしまうと思い、そう、ここで僕の死ぬまでに一度は言ってみたい言葉PART2を冗談のつもりで言った。

 

「I'll be back」(また戻ってくる) (映画:ターミネーター)

 

彼女は苦笑いし二度と僕は彼女と連絡が取れなくなりました。

 

最後に一言

やはり、現実で使うのは難しいですね。完全に使いどころは間違っていますけど僕は二度とこのようなセリフは言わないと誓いました。

最後までご覧になられた方に一言

DON'T THINK FEEL!(考えるな、感じろ)(ブルースリー