たろきBLOG

タロウとロッキーの2人が運営しているブログです! 役立つ情報から、くだらない情報まで幅広く発信しているツッコミどころ満載の雑記ブログです。

たろきBLOG

義理チョコ廃止しよう!キットカット山盛りおじさん

バレンタインも近くなってきました。

自分が若いころには、どれくらいチョコを貰えるかワクワクしていたことを思い出します。

本命の人から貰えるチョコは最高に嬉しいものです。

このバレンタインというイベント、女性から男性に送るのが日本では常識であるが、海外では男性から女性にチョコや、花束、アクセサリーをプレゼントするのが一般的です。

このように日本では海外とは違う文化でバレンタインというイベントを過ごしています。

さて今回タイトルにした義理チョコ。僕の職場では義理チョコがとても多いです。今回はこの義理チョコについて個人的な意見を記事にしたいと思います。

f:id:taroki:20180209201140j:image

義理チョコとは

 

義理チョコ(ぎりチョコ)とは、一般には、日本の女性バレンタインデー2月14日に、恋愛感情を伴わない男性に対し、日頃の感謝の気持ちを込めて、またはホワイトデーの返礼を期待して、贈答するチョコレートのこと。あるいはその儀式全般を含有した日本特有の文化を指す。

引用元:義理チョコ|Wikipedia

 

感情を伴わない男性に対して、日頃の感謝を込める

 

まあわかる。ただなぜバレンタインにその行為をするかはわからない。本当に感謝しているならチョコではなく、態度や、行動で返してほしいのが本音です。

 

この次の文が最も僕が義理チョコを嫌う原因になった理由ですね。

 

ホワイトデーの返礼を期待して、贈答するチョコレート

 

はぁ?なめるんじゃねぇよ!そうゆう女にかぎってキットカット1つしかよこさねぇじゃないかぁぁぁ!

 

去年のバレンタインデーは「キットカット山盛りおじさん」ってあだ名が付けられるぐらい、義理キットカットを山ほどもらいました。

 

とはいえ、彼女もいない僕は義理とわかっていても嬉しかったので、お返しはどうしようかな?なんて考え・・・る、わけねぇだぉろぉがぁぁぁ!

 

テメェらみたいに、見返りを期待してチョコを渡す奴のお返しは、道端にある犬のクソで十分じゃぁぁぁ!

 

 あっ、す・すいません!つい取り乱してしまいました(笑)

 

僕が言いたいのは、学校やプライベートでは義理チョコはアリだと思います。しかし、職場では義理チョコ禁止令を日本政府に法律で禁じてほしいですね。

 

ゴディバの広告

今話題になっているゴディバの広告。CMにも流れていますが、日本は義理チョコをやめよう。とチョコレート会社なのに義理チョコを日本から脱却しようとしています。

ゴディバはどのようなメッセージを日本の女性に伝えたかったのか。記事を簡単にまとめてみました。

バレンタインデーの主役はもらう人ではなく、あげる人

義理チョコを相手にあげるのが楽しいという人や挨拶などで知り合いの方に配る、それが自分にとって、とても楽しいのであれば今後とも続けてほしい。しかし、義理チョコが少しでも苦痛と思うのであればそれは今すぐやめるべきだ。

あげる人が主役のバレンタインデー、あげる人が心から楽しめるバレンタインデー、それが、ゴディバの理想です。

 

たしかに本命にあげる人が主役ならわかりますが、義理チョコにも配役があることに驚きです。このゴディバ逆張りの宣伝には日本全体が揺れたに違いありません。

 

最後に一言

今年もキットカット山盛りおじさんから抜け出せれるかはわかりません。もしかしたらブッラクサンダー山盛りおじさんになっているかも・・・

みなさんも義理チョコをあげる時には楽しんであげましょう。

 

こちらの記事もおすすめします