たろきBLOG

漫画、音楽、映画を中心にタロウが面白いと思ったものをご紹介します。インドアライフ推奨ブログ!

たろきBLOG

『THE BLUE HEARTS』伝説のパンク・ロックバンドのおすすめ曲30選

あなたはTHE BLUE HEARTSという伝説のパンク・ロックバンドを知っていますか?

知らないという方でもTHE BLUE HEARTSの楽曲は映画やドラマ、CMに使用されているので、バンド名や曲名はわからなくても一度は耳にしたことがあると思います。

 

歌には素敵な魔法の力があると思います。中でも、THE BLUE HEARTSの歌詞は魂を幾度となくふるえさせてくれます。

いまなお色あせることのないTHE BLUE HEARTSの楽曲を歌詞を一部抜粋してご紹介します。

 

THE BLUE HEARTSとは

1985年に結成され、1987年にメジャーデビューして1995年に解散した4人組のパンク・ロックバンド。

ボーカル/甲本ヒロト

ギター/真島昌利

ベース/河口純之助

ドラム/梶原徹也

 

約10年間の活動でしたが、数多くの名曲を世に残し、THE BLUE HEARTSに影響されたアーティストが多数いる。

アーティストというジャンルだけでなく、映画監督、クリエイター、タレント、スポーツ選手など多数の著名人がTHE BLUE HEARTSに影響されたと公言している。

もはや、日本に影響を与えた伝説のパンク・ロックバンドといっても過言ではない。

 

全114曲の中からおすすめ30選

ブルーハーツが発表した曲数は全部で114曲。

すべてがおすすめですが、30曲厳選しました。

 

 

少年の詩

作詞/作曲:甲本ヒロト  収録アルバム『THE BLUE HEARTS

少年の詩

少年の詩

  • provided courtesy of iTunes

ドアをあけても
何もみつからない
そこから遠くを
ながめてるだけじゃ

check

アップテンポのナンバーで、爽快感があります。

 

 

作詞/作曲:甲本ヒロト  収録アルバム『THE BLUE HEARTS

街

  • provided courtesy of iTunes

いつか見るだろう
同じこぶしをにぎりしめて立つ人を
きっと見るだろう

check

友達と喧嘩したときにこの曲を聞くと友達に優しくなれます。

 

 

終わらない歌

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『THE BLUE HEARTS

終わらない歌

終わらない歌

  • provided courtesy of iTunes

真実(ホント)の瞬間はいつも 死ぬほどこわいものだから 逃げ出したくなったことは 今まで何度もあった

check

この曲も多くの人が耳にしたことがあると思います。
説明不要の名曲!

 

 

リンダリンダ

作詞/作曲:甲本ヒロト 収録アルバム『THE BLUE HEART』

リンダ リンダ

リンダ リンダ

  • provided courtesy of iTunes

ドブネズミみたいに美しくなりたい 写真には写らない美しさがあるから

check

THE BLUE HEARTSの代名詞のような1曲で、最強にして最高!

 

 

パンク・ロック

作詞/作曲:甲本ヒロト 収録アルバム『THE BLUE HEARTS

パンク・ロック

パンク・ロック

  • provided courtesy of iTunes

僕 パンク・ロックが好きだ 僕 パンク・ロックが好きだ

check

ヒロトパンク・ロックへの愛がつまった1曲。

 

 

未来は僕等の手の中

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『THE BLUE HEARTS

未来は僕等の手の中

未来は僕等の手の中

  • provided courtesy of iTunes

誰かのルールはいらない 誰かのモラルはいらない 学校もジュクもいらない 真実を握りしめたい

check

この曲を聞いて人生救われたという人も少なくありません。
スピーディーで激しい爽快感がたまりません。

 

 

ラインを越えて

作詞/作曲:真島昌利  収録アルバム『YOUNG AND PRETTY』

ラインを越えて

ラインを越えて

  • provided courtesy of iTunes

色んな事をあきらめて
言い訳ばかりうまくなり
責任逃れで笑ってりゃ
自由はどんどん遠ざかる

check

出だしの部分が大人になった今こそ、特に心に刺さります。

 

 

キスしてほしい(トゥー・トゥー・トゥー)

作詞/作曲:甲本ヒロト 収録アルバム『YOUNG AND PRETTY』

キスしてほしい・・・ 二人が夢に近づくように キスしてほしい

check

この曲もCMで使用されたりカバーされたり、人気の高い名曲。
大切なひとにキスがしたくなる1曲。 

 

 

ロクデナシ

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『YOUNG AND PRETTY』

ロクデナシ

ロクデナシ

  • provided courtesy of iTunes

誰かのサイズに合わせて 自分を変えることはない 自分を殺すことはない ありのままでいいじゃないか

check

外野の意見な気にするな!と、背中を押してくれる1曲。

 

 

チェインギャング

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『YOUNG AND PRETTY』

チェインギャング

チェインギャング

  • provided courtesy of iTunes

仮面をつけて生きるのは 息苦しくてしょうがない どこでもいつも誰とでも 笑顔なんていられない

check

とにかく心に響く泣ける名曲。

 

 

ブルースをけとばせ

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『TRAIN-TRAIN』

ブルースをけとばせ

ブルースをけとばせ

  • provided courtesy of iTunes

やりたくねえ事
やってる暇はねえ
やりたくねえ事
やってる暇はねえ

check

マーシーのハスキーボイスのシャウトがめちゃ格好いいです。

 

 

ラブレター

作詞/作曲:甲本ヒロト 収録アルバム『TRAIN-TRAIN』

ラブレター

ラブレター

  • provided courtesy of iTunes

読んでもらえるだろうか
手紙を書こう 
あなたに あなたに あなたに
ラブレター

check

この曲もTHE BLUE HEARTSを代表する曲のひとつ。淡い青春時代を思いおこさせてくれます。

 

 

電光石火

作詞/作曲:甲本ヒロト 収録アルバム『TRAIN-TRAIN』

電光石火

電光石火

  • provided courtesy of iTunes

淋しい夜が何度続いても
切ない朝を何度むかえても
出かけよう さあ 出かけよう

check

前向きにさせてくれる歌詞で、まさに電光石火のような疾走感のある1曲。

 

 

青空

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『TRAIN-TRAIN』

青空

青空

  • provided courtesy of iTunes

生まれたところや皮膚や目の色で

一体この僕の何がわかるというのだろう

check

メロディー、メッセージ性、格好良さは全114曲の中でも1,2を争う人気の1曲。

 

 

TRAIN -TRAIN

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『TRAIN-TRAIN』

TRAIN-TRAIN

TRAIN-TRAIN

  • provided courtesy of iTunes

土砂降りの痛みの中を傘もささず走って行く 嫌らしさも汚らしさも剥き出しにして走って行く

check

言わずと知れた名曲。カラオケでも人気の曲です。

 

 

情熱の薔薇

作詞/作曲:甲本ヒロト 収録アルバム『BUST WASTE HIP』

情熱の薔薇

情熱の薔薇

  • provided courtesy of iTunes

情熱の真っ赤な薔薇を
胸に咲かせよう
花瓶に水をあげましょう
心のずっと奥の方

check

THE BLUE HEARTSを代表する曲のひとつです。
数おおくのCMで使用されたり、色んなアーティストにカバーされています。

 

 

イメージ

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『BUST WASTE HIP』

イメージ

イメージ

  • provided courtesy of iTunes

くだらねえ仕事でも仕事は仕事
働く場所があるだけラッキーだろう

check

スローテンポなパンク・ロック
毎日愚痴をこぼしながら下を向いているサラリーマンにおすすめ。 

 

 

TOO MUCH PAIN

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『HIGH KICKS』

TOO MUCH PAIN

TOO MUCH PAIN

  • provided courtesy of iTunes

そして風が言葉もなく吹き抜けた 僕等の手の中を

check

マーシーの独特の世界観が、優しくて力強いメロディーとともに心に染み渡ります。

 

 

期待はずれの人

作詞/作曲:甲本ヒロト 収録アルバム『STICK OUT』

期待はずれの人

期待はずれの人

  • provided courtesy of iTunes

君が僕を握って
「飛べ」と叫んで
放り投げるけど飛ばない

check

この曲は周りの期待やプレッシャーに押しつぶされそうなあなたに是非聞いてほしい1曲です。
ゆるーいメロディーとゆるーい歌詞が気持ちを楽にしてくれます。

 

 

うそつき

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『STICK OUT』

うそつき

うそつき

  • provided courtesy of iTunes

せめて100年はバレない
たいした嘘をつく

check

世の中に色んな嘘はあるけれど、100年はバレないたいした嘘というフレーズに衝撃を受けました。

 

 

俺は俺の死を死にたい

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『STICK OUT』

俺は俺の死を死にたい

俺は俺の死を死にたい

  • provided courtesy of iTunes

豚の安心を買うより
オオカミの不安を背負う
世界の首根っこ押さえ
ギターでぶん殴ってやる

check

THE BLUE HEARTSの楽曲のなかでも特にメッセージ性の強い歌詞だと感じました。

 

 

月の爆撃機

作詞/作曲:甲本ヒロト 収録アルバム『STICK OUT』

月の爆撃機

月の爆撃機

  • provided courtesy of iTunes

いつでもまっすぐ歩けるか 湖にドボンかもしれないぜ 誰かに相談してみても 僕らの行く道は変わらない

check

鳥肌がたつほどめちゃくちゃ格好いい1曲。

 

 

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『STICK OUT』

夢 (リマスター・バージョン)

夢 (リマスター・バージョン)

  • provided courtesy of iTunes

なんだかんだ言われたって いい気になってるんだ 夢がかなうその日まで 夢見心地でいるよ

check

夢に向かって頑張っている人も夢がなくて悩んでいる人の心に響く名曲。

 

 

チャンス

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『DUG OUT』

チャンス

チャンス

  • provided courtesy of iTunes

誰の上にも雨は降るけど
時々そしらぬ顔をして
チャンスも降ってくる

check

気の抜けない競争社会に疲れたという人におすすめ。
心地よいメロディーと歌詞がきっと癒やしてくれます。

 

 

手紙

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『DUG OUT』

手紙

手紙

  • provided courtesy of iTunes

手紙を書いたなら 空に飛ばすんだ 風が運ぶだろう 君のところまで

check

表現が独特で目を閉じて聴きたい1曲。
一人でじっくり何度も繰り返し聴きたくなります。

 

 

夜の盗賊団

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『DUG OUT』

夜の盗賊団

夜の盗賊団

  • provided courtesy of iTunes

今夜 多分雨は大丈夫だろう 今夜 5月の風のビールを飲みにいこう

check

夜にドライブをしながら聴くのがおすすめです。 

 

 

歩く花

作詞/作曲:甲本ヒロト 収録アルバム『PAN』

歩く花

歩く花

  • provided courtesy of iTunes

普通の星の下に生まれ
普通の星の下を歩き
普通の町で君と出会って
特別な恋をする

check

こんなことを言われたら、「惚れてまうやろー」と叫びたくなるほど胸がキュンとくる歌詞です。

 

 

人にやさしく

作詞/作曲:甲本ヒロト 収録アルバム『MEET THE BLUE HEARTS

人にやさしく

人にやさしく

  • provided courtesy of iTunes

叫ばなければ やり切れない思いを ああ 大切に捨てないで

check

すべての人に聞いて欲しい最高の応援歌。

 

 

1001のバイオリン

作詞/作曲:真島昌利 収録アルバム『EAST WEST SIDE STORY

1001のバイオリン

1001のバイオリン

  • provided courtesy of iTunes

ヒマラヤほどの消しゴムひとつ 楽しい事をたくさんしたい ミサイルほどのペンを片手に おもしろい事をたくさんしたい

check

「1000のバイオリン」のオーケストラバージョン。聞き比べてみてください。

 

 

シンデレラ

作詞/作曲:河口純之助 収録アルバムなし

シンデレラ(灰の中から)

シンデレラ(灰の中から)

  • provided courtesy of iTunes

涙はそのうち乾くでしょう

痛みはとれるでしょう

心配してもかわらない

それなら始めましょう

check

ベースの河ちゃんが作詞/作曲を手がけた1曲。
シンデレラの新たな表現の仕方にすごくしっくりきます。

 

 

最後にひとこと

まだまだあれもこれも紹介したいです。

どんな気分の時でも、あなたにぴったりの曲があると思います。

良い曲は、いつの時代でも、いつ聴いても、いいもんです。

 

それではまた。